• JR今宿駅より徒歩5分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

092-807-6357

受付時間9:00~20:00(土日祝は要相談)

遺言の失敗事例

失敗事例1

山田さん(仮名)は、子供のうちの一人(A)と同居していました。Aはほかの兄弟たちが山田さんに会ったり、旅行や買い物に連れて行くことに対して、ヒステリックに拒絶し、『会うときは子どもである自分を通さなければいけない』と言ってききませんでした。

少し極端ですが、親思いの良い子供だと他の兄弟たちは思っていました。

しかしほかの兄弟たちは、ご本人が亡くなった後にようやくAが真山さんを自分たちに会わせない理由が分かったのです。

真山さんはAに全財産を相続させるという内容の自筆証書遺言を作成しており、それを知ったAは真山さんが新たに別の内容の遺言を作成するのを阻止するためだったのです。

真山さんが亡くなった後、ほかの子供たちは、遺産調査や遺留分減殺請求に多大な労力を強いられることになりました…。

このように、なんらかの予兆や独り占めなどを考えているような相続人がいる場合には、専門家に相談して進めないとたいていの場合に平穏に相続は終了しません。

結局は、この兄弟も不仲になってしまい、この先長い人生で、ずっとお互いを恨まなくてはいけなくなってしまいます。

こんな不幸なことはほかにありません。

早い段階で、専門的知識のある司法書士などに相談するのが一番良いと思います。

失敗事例2

兄は妻子と長年別居しており、近所に住む姉と私が兄の生活を面倒見ていましたので、妻子には相続させず、姉と私に遺産を相続させたいと生前話しておりました。

しかし、兄は遺言を残さず他界してしまいました。そして、遺言がないばかりに、私と姉は兄の遺産を相続することなく、兄が財産を渡したくないと考えていた別居中の妻や子供に全ての遺産が渡ってしまいました。

遺産分割協議後、専門家に話を聞くと、「妻子の遺留分が存在するので、妻子が遺留分を請求してくる可能性はあるが、少なくとも『お姉さんとあなたに財産を遺贈する』という遺言を遺しておけば、一定の遺産は相続できたはず」との説明がありました。

相続して欲しい人に相続させられず、相続させたくない人に財産が渡ってしまうというのは不条理です。私は兄に遺言を書いてと強く言えなかったことを後悔しています。

 

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ

お客様から声をいただきました!

お客様の声を大切にします
  • 遺言

    遺言作成にいくらかかるのか金額等がはっきりと分からず不安でしたが、HPの料金表が明確で安心しました。金銭面の不安もなく、手続きを進めることができました。先生のおかげです、ありがとうございました。

  • 相続放棄

    父が亡くなり、遺品整理をしていたら、借金の証書が出てきて、どうすれば良いか、そもそも返すべきお金なのか見当がつかず、参ってました。熊本先生には何もわからない所から、色々教えていただけました。

  • 相続手続き

    前に他の司法書士に相談したところ、専門用語ばかりで全然わかりませんでした。そのため、熊本先生にご相談すする際も同じだったらどうしようと不安でした。熊本先生にご相談した際にとても優しい雰囲気で安心しました。

  • 相続手続き

    何もわからない私に、親切丁寧に明快なご説明をしていただき、一点の不安もなく無事に解決できました。 準備するもの、スケジュールなども的確で良かったです。ありがとうございました。

お客様アンケート一覧についてはこちら

当事務所の解決事例

当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP